カレンダー

うぃちゅぱっ子

$FILE1
名前を呼ばれてお返事直前のウィスパーです。
チビ2が乗りそうで乗らない100g台。明日には超えてくれるかな。
昨日、全員の臍の緒を回収しました。
ウィスパーは良いママですが、仔猫達の身体を舐め回すタイプではないようです。

次男のパブロは、たぶんシールミテッドのブレイズずっとんとん君。
一番大きく生まれた四男のパーヴェルはマウスパットがピンクなので、どんな形の白い模様が鼻の上に入っているのか楽しみです。小さい三角なのか四角に見えます。お茶目模様君になるのは間違いなしなのですが。

パウロたち

$FILE1
生まれた日(24日)のうぃちゅぱっ子たちです。
60〜79gの間で生まれたチビチビたちなので、呼び名の語源はラテン語の「小さい」です。
子うちゃぎたちも全員チビチビで、呼び名が各国の言葉で「小さい」でした。

では、呼び名のお披露目です。
長男はポール
次男はパブロ
三男はパウルス
四男はパーヴェル
全員ミテッドパターンの男の子たちです。

このリッターではトービーミテッドを期待していました。
三男が誕生した時には、またブリっ子の時のように全員男の子だったりしてと思いました。
そして、予感は見事的中し全員が男の子でした。

乳母のトービーちゃんは何処へ?(笑)
六花のまだら姫の誕生率の低さ・・・どうなっているんでしょ。
待てば待つほど生まれた時に喜びが倍以上になるでしょうから、トーティやトービーは次のリッターに期待します。

マリっ子

$FILE1
猿芸に磨きが掛かってきているマリっ子達です。
1回目のワクチン接種が済みました。
巨大なゴロゴロ音と共にスリスリしてくる甘えん坊に育っています。

24日にマリっ子達のおじさんたちが誕生しています。
ばばのリクエストで、呼び名は子うちゃぎバージョン。
更に生まれた順に、スペルの短い呼び名からつけていくこと。

全員「パウロ」です。キャハハ。
数日中に彼らをお披露目したいと思っています。

ブラウニー

$FILE1
$FILE2
$FILE3
まだお顔の縦横比「よこっ!」をキープしている黒い子です。
障害物競走に夢中になり、将来はオリンピック選手になるつもり?(笑)
性格は、抱かれるとくたくたなラグドールそのものですが、運動神経が猿です。2Mの高さのケージをスイスイ登り、ジャンプして飛び降り、玄関への2重ゲートも軽々とクリアして、ドアや窓をすり抜けるのを得意としています。カーテンレールの上にも乗りました。

ブラウニーと言葉に出すと眠っていても起きてそばにきてくれる子に育っているので、「黒い子はどこ?」が家族間の合言葉(笑)
怖いもの知らずな上に運動神経が発達しているので、毎日ヒヤヒヤです。
でも、尻尾を左右に振りながら足元に擦り寄り、2本足で立ってデコごっつんをしながら甘えに来るんですヨ。可愛すぎる!!!

バーミリオン

$FILE1
$FILE2
つぶらな瞳が愛らちや。
ぼくちゃん、ジャンプしてガシっとしがみ付くことを覚えました。
不思議な色をしていた瞳が澄んできて、これ以上青が抜けなくて良いからね、とまで来てしまいました。乳母は、青い瞳が好きなのよ。お願いだからもうこれ以上淡くならないでぇ〜。

バーミリオンはブラウニーと違って、とっても良い子なので書く事がないです(笑)
黒い悪魔っ子は・・・凄いです!彼は山猿です。

ブラウニー

$FILE1
今までに我家で誕生した全てのコニャンズの愛らしさを霞ませてしまうような魅力を持っているブラウニーです。

家族が口を揃えて言います。()内は乳母の言葉。
こんなに可愛い子が今までいたっけ?(いたわよっ!)
今までの仔猫の中で一番可愛いよね?(そんなことないわよっ!)
か〜〜〜わいか〜。可愛い!なんて可愛いの!の嵐。
抱きしめられてちゅうちゅうされてもヘロヘロと楽しそう。

家の中で乳母が一人、ブラウニーだけではなく、バーミリオンも可愛いのじゃ〜〜と叫んでいます。
でも、確かにかわいいんですヨ。ブラウニーは存在が目立つ子なんです。

王子様

$FILE1
動物病院の待合室で「Cats4月号」を読んでいたら・・・

$FILE2
世界の猫種写真図鑑(P76〜P77)がラグドールでした

$FILE3
乳母の王子様のアンソニー坊ちゃんです。
坊ちゃん、こんにちは。こんな所で会うなんてねぇ。
乳母の王子様、嗚呼、美しや〜。

$FILE4
アンソニー坊ちゃんのママのフローラです。
この画像は、眼つきが悪く写ってます(苦笑)
フロちゃん、貴女を怒らせることしたっけ?

バーミリオン

$FILE1
$FILE2
$FILE3
$FILE4
婆から「ぐふ。ばーみぃのずっとん見っけ〜。」とのお言葉をいただいたバーミリオンは被写体に適しません。
少しはじっと止まっていてくれたまえ。

ブラウニーほど頭部の横幅がないので、彼の方がお顔が縦長にみえます。
ちゃかちゃかしているのに、よく言えば慎重、悪く言えば怖がりさん。
一方、ブラウニーは明朗活発なあんぽんたん。ブラウニーの方が好奇心旺盛な分、無茶をしないか気に掛かります。2匹兄弟でも全く性格が違い、そばで育てている乳母はとても面白いです。

2頭共、お名前を覚えたようで、名前を呼ぶと走り寄ってきてくれるようになりました。お昼寝から目が覚めれば、乳母の足を軽くタッチして「起きたよ」と教えてくれますし、椅子に座る乳母の膝に乗ろうとジャンプを繰り返しています。

ブラウニー

$FILE1
$FILE2
$FILE3
$FILE4
婆から返事が来ました。
ブラウニーのブレイズは「とっても消えかけ?」と。

ええ、そうなんです。消えかけのような、毛抜きで数分で綺麗に抜けてしまうような数本の白い毛が鼻の天辺と、鼻筋の2ヵ所に入っています。
でもね、消えかけじゃないのよ。生えてきたところなの。

ブラウニーは被写体に適した子で、ポーズをとって止まってくれます。ハンサム君になりそうでしょ?
触った瞬間にクルクルのスィッチが入る甘えん坊さんです。

ふわ?

$FILE1
$FILE2
生後4ヵ月半になった、シュクルお嬢さんです。
幼い時から肉球の間の毛が長く、「シュクルは、将来的にコートが長くなりそう」と予想していました。
まだ、ふわふわまではいきませんが、ふわっとして来たでしょう?
クルリンと横に伸びたイヤータフトもとっても可愛いです。

生まれた時には60gの極チビでしたが、2.6キロまで育ってくれました。嬉しいです。
乳母は、丸い目型より少しシャープな目型に美しさを感じます。シュクルは、べっぴんしゃんになります。

もう一度

婆から返事が来ません。
なので、今度はこんな画像をデカデカで送ってみました(笑)
本当に見えないのだもの。
$FILE1
$FILE2
そろそろ赤ちゃん猫の賞味期限が切れはじめます。
お顔の縦横比が横から縦に変わり、どんな妙なお顔立ちに変わっていくのでしょうか・・・うぷ。
めめの色がベビーブルーから透明感のあるブルーアイに徐々に変化しています。
ブラウニーは、鼻筋に小さなブレイズを持っているようです。シールミテッドのブレイズは白が際立って、それはそれは美しいのヨ。とっても嬉しいでーーーす。