カレンダー

苦笑

ブリっ子の中でお腹が空くと「ご飯」と言うのはジョーイだけ。私が気付くと先頭をきってキッチンへ向かいます。
優雅に尻尾を上げて歩く後姿を見ながら「頭の良い子だニャ♪」

キッチンの脇に10キロのドライが入るタッパーが置いてあり、お皿を持って、そのタッパーからザバーーとカップ1杯のフードをお皿に盛り「ハイ、どうぞ」と所定の位置に置くのですが。お皿を置いても肝心のジョーイの姿が見えません。数回名前を呼んでも来ません。

どこに行っちゃったの?と振り返った私が見たものは、、以下。

$FILE1

ヤラレタ!と思わず呟きました。蓋をしなかった乳母が悪い。

しかしですよ、猫砂の感触は嫌がるのに、猫砂より大粒のドライは踏めるのね?食欲は勝ってしまうのね?

急におかしくなってしまいデジカメを取りに行きました。
その後、ジョーイが踏みつけたドライは大人たちに食べていただきました(笑)
残りが少なくて、洗うときだったので良かったよ〜。

おちびさんら

$FILE1
かわいい?

乳母になったピッコロたんとブリっ子たち。
左からハーディでしょ、ジョーイでしょ、チェイスでしょ。
普通にこんな光景を目にしてしまうと滅茶苦茶かっわいいんと一枚パチリ。
後ろのベットにも誰か入っていてくれたらもっと最高だったのに(笑)

昨日は、ちゅうちゅうの催促が1回もなかったジョーイですが、今日は催促されました。嬉しい!
急に顔立ちが変わりバランスが崩れて来ましたよ。
行け行け、ジョーイ、一気に伸びろ〜〜〜。

昨日、空輸のことで、アシュレイ(モルゲン)のママを心配させてしまいました。ごめんね。
貨物に預ける時、飛び出し防止にキャリーをネットに入れられて、あっと言う間に目の前から消えてしまうの。

仔猫を手渡しできると託したと言う気持ちになるのですが、空港の方に持って行かれるキャリーを見ていると、私から仔猫の手を離してしまったような錯覚に陥ります。
空輸を受け入れてる乳母が、仔猫を一人ぼっちにしているのですけどね。それが一番辛いんです。

でもね、家にお迎えにきて頂いたときもニッコリ笑って送り出すように心掛けてはいますが・・・
実際には玄関の蔭から、半べそで車のテールランプが見えなくなるまで見てますね。
大丈夫よ、怖いのは今だけだよ、幸せになるんだよって心の中で呟きながら。
皆さん、振り返られたことはないので、乳母が見ていることには気付かれません(笑)

巣立ちの時に涙の一つもこぼれなくなったら、ブリーダーを辞める時だと思ってます。
だから、乳母が涙ぐんでも気にしないでね。
生まれる前から、お産の時にも母猫に徹夜で付き合い、ずっと一緒に過ごしてきたの。
色々なことが思い出されてついホロっとしてしまうのよ。
自分でも呆れるほど心配症がプラスされてしまって、今、心細いだろうなとか、怖いだろうなと想像するだけで泣けます。

貨物に子犬を預けて帰られた方がいてね。
2頭が一つのキャリーに入れられていたのを、車の中で別々のキャリーに入れ替えていたので別のお宅へ巣立つのでしょうね。
出発時間まで時間があったようで、アシュレイが連れて行かれた後も、そのままキャリーは二つとも貨物に置かれたままでした。
まだそこに我が子がいるのに帰ってしまうなんて、私には無理だニャ!

可愛い子には旅をさせられない乳母です。

息子にみつかり「ぼくのだよ」没収されたプランスを奪還して巣立たせたので、プランスをどこかで調達しなければ。息子はまだ知りません。
アシュレイと一緒にする時に、プランスの耳についていたタグが危なさそうで、タグを外したのですが、それも気付かなかったようです。新しいプランスをゲットして置いておけば絶対に気付かないと思うの。ぐふふ。
息子はプランスなら良いの。
でも、アシュレイは、あのプランスじゃないとね〜。

アシュレイ

$FILE1
$FILE2
$FILE3
今朝のアシュレイとミニーとプランス。
今日は、アシュレイの巣立ちでした。
一緒に育ったプランスもキャリーに入れて巣立たせました。

今、ママからアシュレイを受け取ったとのご連絡をいただきました。
アシュレイ、ガンバレ。
大丈夫だよ、怖いのはもうすぐ終わるよ。
乳母がずっと応援しているからね。

水曜日に空輸の予約を入れた後に一泣きして、今朝は羽田で大泣き。
「もう空輸は止めた。もうしない!アシュレイで最後」と叫び、夫に苦笑されました。

羽田まで1時間、貨物に預けるには出発の1時間前、飛んでる時間が1時間、受け取るまでに30分。
相手先の空港まで、約3時間半の旅なんですね。
空輸だと一人ぼっちの時間が必ず2時間半もあるの。

家から新横浜まで車で20分です。
新横浜から新幹線で3時間移動したら、どこまで行ける?と考えたらね。
仔猫の一人ぼっちと移動時間がぐんと短くなる事に気付いてしまいました。

それに、なんと言っても、乳母は新しいご家族のみなさんに会いたいです。
仔猫に会って「家族に迎えるかどうか」の最終決断をして欲しいです。
空輸は画像だけで決めていただくことになるので、「予想とは違った」「画像と同じ子には見えない」などと思ったとしても乳母に言えず、「もう来てしまったからこの子で良いや」などのお気持ちで、仔猫を家族に迎え入れていただくようなことは絶対に避けたいです。

今までずっと空輸は止めたいと思いながら送り出していましたが、今後は空輸をしない方向でいきたいと思いました。

話しがコロっと変わり・・・乳母が昨日から膀胱炎になりました。水分を大量に摂って、抗生剤も飲んでいますが、少しの振動でも痛みを感じ、羽田までの往復ですでに限界。
ブリっ子たちのワクチン、今日は行けそうにありません。
ごめんなさーーーい。

アシュレイをANAの貨物に預ける直前にチェックしたら、キャリーの底に貼ったホカロンが暖かくなっていませんでした。ホカロンのスペアを持っていなかったので、乳母のお腹に貼ってあったホカロンを剥がして貼り付けちゃった。ギャハハ。

アシュレイ、ラヴ。
離れて暮らしていてもいつでも貴方を愛してる。
新しい家で、笑いの渦を巻き起こす存在になってね。

ジョーイ

$FILE1
やっぱり、マックスの子達って生後1ヶ月過ぎると伝統のお品持ち

$FILE2
可愛い、可愛い、ぼくちゃん♪

ジョーイ、ちゅうちゅうマンを卒業しつつあります。
一昨日は3回、昨日は2回、今日は1回だけなど卒業しだすと早いですね。
今までは、キッチンへ来て「ふやかしマンマをちゅうちゅうする」と言っていたのですが、ドライを人一倍時間をかけて食べたら、顔を洗ってベットに戻ってしまいます。

淋しい・・・が本音かな。
生後半年くらいまで続けてくれると思っていたから(笑)
ちゅうちゅうに付き合う時間が減ってしまったので、その分ベタベタちゃんに戻すべく、ジョーイと遊んでいたら2日でベタベタちゃんに戻りました。

指をコチョコチョ動かすとバフっと飛んできます。
まだまだ幼く見えて可愛いなぁ。
いつになったら赤ちゃん顔を卒業するのでしょう。

一つずつ、一つずつゆっくりで良いから出来るようになろうね、ジョーイ。

ジョーイ、うんPをする時に、プレーリードックのように立ちます。後ろ脚だけで立つには猫砂の上は足場が悪いのでしょうね。トイレの隣にうんPします。
真剣に気張っている姿は可愛いです。

トイレタイムになると、トイレのそばでピャーピャー鳴くので、ジョーイのトイレタイムだと解ります。
シッコの時は、私がそばに行き「ジョーイ、シッコはトイレで出来るでしょ」などと声を掛けると、嬉しそうに跳ねてトイレに飛び込みシッコシー。
その後、スコップで爪研ぎしちゃって。出てきます。
スコップでの爪研ぎは止めてほしいぞ〜。

排便をトイレでさせるか、シーツトイレにしようか考え中。間違いなくシーツの上でしてくれるならシーツの方が楽なんですよね〜。

あー、可愛い。
ダイアリーには、最近よく登場するのですが、画像を撮っているのは一番少ないです。
他のおちびさんたちの画像は、ママたちにメールで送っているので、ジョーイはここで親馬鹿しちゃう。
乳母、毎度のことでちょっと淋しくてナーバスになってます。
だから、普段に増して親馬鹿炸裂します。

可愛いでしょ、乳母のミラクルボーイ。
生意気そうな目も可愛い。
ちょっとハスキーな声も最高。
ホタルしっぽっぽの白の入り方なんて完璧で自慢だわ。
足にしがみついて「ご飯」と訴える時の愛らしさ。
全部、独り占め♪

満員御礼

$FILE1
爪研ぎの間にいるのがウィスパーでしょ。
ベットの中は左から、フローラ、スターシャ、ミスティ。
手前にいるのはピッコロたん。
凄いコードですねぇ。全てペットヒーターに繋がってます。

$FILE2
シュクルの産箱となったネットケージの上にいるのは
おちびさん3つとお世話をするベンジャミン♪

今月の電気代も高そうだぁ。
夕方になるとブレーカーが落ちます。
子供たちの部屋でオイルヒーターやエアコンが付いているのを忘れて掃除機をかけると、一瞬にして家中真っ暗。
真っ暗の中でもスタスタとブレーカーの元まで辿り着けるようになりました(笑)

ベットの良さを知っているのは、やっぱり成猫たちなのねん♪

「ケアの仕方・用品」に家で大活躍の爪研ぎの画像を追加しました。
ちょっとお毛毛が伸びたマリちゃんとハーディが写ってます。

疲れてます

$FILE1

$FILE2
ヴィックとハーディ

うがーーー。悪魔っ子たちに手を焼いている乳母です。

冷蔵庫のドアを開ければ、首を揃えて中を覗き込み、トイレのドアを開ければ、疾走しながら突入してくる。
ゲートによじ登り、じゃ〜〜〜〜んぷっ!と嬉々としながら兄弟と追いかけっこ。

布団に横になれば踏み台に使われ、砦にされて激戦区に巻き込まれる。
頼むから・・・眠っていて!

一昨日、チェイスを布団に入れて遊んでいたら、瞬きが面白かったらしく眼球を触られました。
瞼を開ける時に手を伸ばして来るんだもの、避け切れませんでした。
丸2日間、目がスースーして頭痛がしたよ、チェイス。

いけないことをしたくてウズウズしているおチビさんたちをまとめて数頭抱え込み、回収に忙しい乳母です。
男の子6頭の運動会って本当に凄まじいです。

アンソニーの子供たち

$FILE1
アシュレイとウィスパー

$FILE2
二人で「何?何?」

目型を見ていると、ウィスパーがミニーの子で、アシュレイがプティの子のよう。面白いな〜。

アシュレイは「モルゲン」と呼び名が変わるのですが、一人っ子で名前を呼ばれた回数が多い分、しっかり自分の名前を認識していて・・・モルゲン♪と呼んでも無反応。
うぐー、困った乳母は「アシュレイモルゲン」なんつー長い呼び名でアシュレイの意識をこちらに向けています。
で、抱っこしている時に、耳元で「モルゲン」だけを繰り返す。音に慣れさせなくちゃ。

暖かくなるまで預かる予定だったので、ゆっくり呼び名の変更をしていこうと考えていたのですが、巣立ちが早くなるかも?急がなければ!!

そして、今回の仔猫達が巣立つ前に書いてしまおうと思っていたケアのページも急いで作ってしまわねば。
ギリギリまで放置しておく乳母。身から出た錆か?キャハハ。

乳母の抱っこを言葉で通じるか解らないので、画像を撮ってみました。
家の子たちは、全員、以下の画像のように抱っこされて育ちます。

$FILE3
必ず、左に頭。
この抱き方を、乳母は赤ちゃん抱っこと呼んでます。

$FILE4
頭の下に腕を廻し、腕枕で眠ります。

$FILE5
膝の上で、横向きに眠かせる時にも左頭。腕は枕代わり。

$FILE6
腕に顎を乗せて眠る子が多いです。

乳母は左利きで、細かい動きに対応できるのが左腕です。
飛行機ぶんぶん遊びも、猫を抱く時には必ず左手を使っています。
デジカメを持つ手が右になるので仕方がないか〜。
オモチャを振るのも左手。
常にニャンコ達は、乳母の体の左に頭があります。

腕枕は、ニャンコが腕枕が好きなのと、体に沿って腕を回しておくと、ニャンコが動いてもしっかりホールドできるから安心です。力を抜いて身体を預けてくるので、膝から転げ落ち防止も可能。

アシュレイもブリっ子達も、全員、抱っこで眠ってしまう子です。思う存分、抱っこで楽しんでくださいね。
こんな風な抱っこで仔猫達は育っています。
見よう見真似で抱っこ猫を継続してね。

3頭に1頭くらいしか、抱っこ猫で育たないけど(大爆)
絶対に、降りたい意志を見せたら後追いしちゃだめよ。
降りたいのに抱かれるのは嫌なこと。固い床の上で眠りたい時もあるのです。
猫にも意志はあるので、無視しないであげてくださいね〜。

抱っこされたくなると、自ら膝に飛んでくるのがチェイスとハーディです。
他の子たちは、人の顔を見上げてそばに来るか、小さな声で「抱っこ」と鳴きます。
抱っこの合図を見逃さず、抱っこして欲しい時に抱っこをしてあげてね。ネンネ中は、抱っこしても平気よ。
遊びモードの時は抱っこではなく一緒に遊んであげてね。
動き回りたい時に抱っこで動きを封じるのはNGなの。

ジョーイ

$FILE1
ちゅうちゅう後にパタと電池切れ。お顔を洗い忘れてます

$FILE2
生意気そうな眠り方に苦笑い。ブリージーと寝顔がそっくりでしょ

$FILE3
愛らしいホタルしっぽっぽ

$FILE4
鼻○そが見えますがな、ぼくちゃん

$FILE5
ちゅうちゅう中のジョーイの後ろで待機中のパンジー

いつまで経っても幼いままのぼくちゃんです。
むくむくで愛らち〜。
今、足元でチェイスとじゃれ合っています。
画像を撮るためにオモチャを振ると、レンズの前から早々に消え、私の左肩に乗って、一番の至近距離からオモチャを奪おうとオツムを使う天才君です(親馬鹿)

ふやかしマンマを食べたくて、ジョーイの背後で30分以上黙って待っていたパンちゃん。
ジョーイが食べ終わり、パンジーが残り少ないマンマをようやく食べ始めたら、アシュレイに奪われそうになりました。
軽くアシュレイを威嚇しても、アシュレイの背中を軽く噛んでみても、アシュレイは完全にパンちゃんを無視。
相変わらず優しいのね、パンちゃんは。

アシュレイ、パンちゃんはね。あなたの父の母の母。
目上のパンちゃんを敬いなさいと乳母に引きずり降ろされました。ぐふ。
アシュレイの新しい呼び名を聞くのが楽しみです。

ヴィックのままさん、メールをありがとうございます。
このままヴィックですね。了解です。
彼の画像が撮れたので、今日、メールで送りまする。

ハーディのお名前がジュピーに変わるよと家族に伝えました。
確かに伝えたのに「ぴーちゃん」と呼ばれています。
ジュピーでしょ?だから、ぴーちゃんでしょ?と。
違うのよぉ。
ジュピターからジュピーなのよ。
現在、我家では、ぴーちゃんじゃなくて、ジュピーと呼んで!ってなことになってまふ。

掃除機

$FILE1
最近、掃除機を掛け始めると必ずハーディが寄ってきます。後ろにいるのがチェイス。ハーディよりちょっと怖がってます。

$FILE2
コードで遊ぶチェイス。
胴にゴーストタビーであるマッカレルタビーが見えますね。
ブリっ子達はチェイスとレスターがマッカレルタビーで、ハーディ、ジョーイ、ヴィックがクラッシックタビーです。
マックスがクラッシックで、ブリージーがマッカレルなんですよ。

$FILE3
チェイスとアシュレイは、掃除機のヘッドで遊ぶより、コードで遊ぶ方が安全と解っているようです。

$FILE4
アシュレイの限界(笑)
これ以上、ヘッドを近づけると逃げ出します。

$FILE5
怖いけど面白い。半分楽しく、半分怖い。
ヘッドに猫パンチして、さっと逃げ出して行く勇者はハーディです。

レスターは、スィッチの入った掃除機を見ると、目が泳ぐので怖いみたいです。

レスターとチェイスの呼び名はそのまま。
ハーディの呼び名は「ジュピー」に変わりますが、巣立つまでダイアリーではハーディで通させてくださいね。
ヴィックのままさん、メールをお待ちしております♪

おちびさんたち

$FILE1
ジョーイを舐めるヴィック
もしかして、ちゅうちゅうの名残のフードの香りに誘われて?なのか?なのか?ヴィック・・・そうなの?

$FILE2
ハーディはキッチンで食べていますので写ってません

$FILE3
ジョーイ、ネンネ体勢でドライも食べます。
ドライを食べていた時間が長かったので、ちゅうちゅうは要らないかな?と思いましたが、しっかり催促され、今、隣でちゅうちゅう中。

$FILE4
乳母の枕と毛布を愛用中のレスター。どかせません。

今朝は一面雪景色で真っ白です。今冬初めての雪が積もるほど降って、ふわふわと舞っています。最小限しか外出しない乳母は、部屋から外を眺めて綺麗だなぁ〜。

雪情報を信じて、昨日アシュレイの2回目のワクチン接種を済ませてきました。2キロジャスト。痩せっぽちでしたが、ずっしり重たくなりました。
誰よりも食に執着せず、食事時間になっても眠っているので、起こしに行って食事に誘う事も多く、食事時間も短いアシュレイですが、今年に入ってからぐんぐん重たくなりました。

なぜ?と思い、そばでアシュレイの食べ方を眺めてみました。
数粒まとめて口に運び、殆ど鵜呑み。なるほどね〜〜〜、これか!!

反面、チェイスやジョーイは、よーーくよーーーく噛んでます。噛み砕いて、それを更に噛み砕く。噛み砕いた欠片が口から零れてしまうこともあり、食事時間が長くても飲み込んでいる量が違うのですね。
パパのまっくちゅも、よ〜〜く、よ〜〜く噛む子です。
それも一粒ずつ(笑)似たのね、パパに。
成長と共に口も大きくなるので、そのうちに噛む回数も減ってくるでしょう。

あ、ちゅうちゅうが止まり、ジョーイ、食器に顔を入れたまま眠り始めたようです。
あ、ちゅうちゅうが再開されました(爆)
ジョーイの真後ろで、パンジーがジョーイの残りを狙っています。我家、皆がふやかしマンマが大好きなのです。

パンちゃん、もうちょっと待っててね。
ジョーイ、今朝は沢山ドライを食べたから、もうお腹は一杯だと思うの。パイパイ吸えないから、ふやかしマンマでちゅうちゅうしたいみたい。

ハーディ、カカカ作戦は不発に終わりそうです。残念!
でもね、ハ〜ディと呼び続けたせいか、膝にポンと飛び乗る子になりました。甘えんぼ度が更に増して、かわいい〜ん。
爪を切るために顔を近づけると爪を切っていない方の前足で、乳母の顔をポンポンとタッチ。後ろ脚の爪を切っていると、両前脚でポンポンしてくれます。くぅーー、可愛すぎる。

そして・・・ちょっと考え事を。呼び名、変わるのかな?
もう、自分が誰だか全員覚えちゃっているけれど、どうなんだろう?
乳母はお尻に根が生えているので、愛猫に呼ばれても、愛猫を呼びつけます。
「用事があるなら、そっちから来なさい」です。

「○○、こっちおいでぇ〜」
家の子たちは、全員、名前を呼ばれるとそばに来てくれます。
仔猫達も同じように育てています。ですから、アイコンタクトが取れる前に呼び名を考え、名前を呼び続けて、自分が誰であるかを覚えさせます。

呼び名を変える予定のママたち・・・決まっているなら早めに教えてね。新しい環境で、いきなり呼び名が変わるより、今から新しいお名前に慣れさせた方が混乱しないと思います。

Chevy Chase
Mme. Hardy
Just Joey
Francis E Lester
Vick's Caprice ・・・どれも素敵な薔薇。

呼び名はそのままでも、血統名はそれぞれ考えてくださいね〜。

シュクル

$FILE1
シュクルが気になって離れないアシュレイ

はじめまして。
12日に生まれた子うちゃぎのシュクルです。姫です。
やっと135gになり、大きく生まれた仔猫と同じくらいの体重になりました。

60gで生まれた時には、やせ細っていて、脇の下や股の皮膚に脂肪が全くなく、ムササビのように膜を持っているように見えました。
まだ、毛が薄くお腹などは血管が透けて見えますが、彼女なりに育っています。
ようやく画像を撮っても虚弱に?見えなくなったなと感じたので、撮影してみました。これが彼女の初画像です。

まあねぇ、ミニーは52gだったので、8g大きいですからね(苦笑)
これから、ぐんぐん大きくなって頂きましょう。

ミルクを一滴口に垂らしたら・・・この世の中で一番不味い物を口にしてしまったと言うお顔をしました。
3回それを繰り返し、その度に「そんなに不味い?うひ」となった悪魔な乳母。
ミルクが大嫌いだったうちゃぎの娘ですから、仕方がないです。ほ乳は諦めました。

シュクルは、今脱皮中です。
うちゃぎが良いお母さんなのか、臍の緒は回収できず。
ミトンもソックスも見えないのに、鼻の上下のブレイズだけはやけにクッキリ見えます。
ブレイズが欲しいとは毎回思うけど、鼻の上が希望なんだけどな〜。
鼻の下に白が入ると一気にお茶目路線をひた走る。
ああ、姫なのにぃ〜〜。ぐふふ。

ブリっ子達

$FILE1
$FILE2
頑張りましたじぇ〜。撮りたての集合写真。
可愛く撮れたでしょ。乳母は、とっても疲れたけど。

今度は、どの子がどの子か解るかしらん。ぐふー。

おちびたち

$FILE1
揃ってウトウトしていたのでパチリ
どの子か解らない方もいるかもしれないので呼び名を追記。
左からチェイス、ヴィック、ジョーイ、アシュレイです。

チェイスのママ、はずれですニャ。
また、チェイスとヴィックを間違えたニャ。キャハハ。
チェイスは、あんなお顔も出来るんだにゃ〜〜。
さて、ヴィックのママはちゃんと解ったかしらん?
2〜3日中に、ママ達にデカデカ画像をメールで送りますので待っててね。

12日にシュクルが誕生して、更に忙しくなりつつあります。たぶん、シールミテッドのブレイズずっとんとんちゃん。ようやく85gまで成長したので、乳母の出番です。ほ乳を開始します。
あー、まさか60日で生まれてくるとは思いませんでした。

早すぎだよ、うちゃぎ。前回より早かったではないか!
後1週間、お腹で育てて欲しかったけど、乳母も一緒に頑張るからシュクルを大きく育てようね。

ウィスパー

$FILE1
アンソニーに、プティプティのくどくどを混ぜると
うぃちゅぱっになります(笑)

$FILE2
綺麗な娘に成長しました

うぃちゅぱっ、生後10ヶ月になり美しさ全開です。
乳母の中では、まだまだ仔猫。
なんたって、マリっ子が生まれる生後4ヶ月まで、毎日膝の上でピペットでミルクを飲ませてましたから〜〜。
いいの、私の子はどんなに手が掛かっても。
手を掛けて育てたくて仕方がないんだもん!

うぃちゅぱっ、乳母が布団に入ると同時に、私の体の上に乗ってモミモミしに来ます。大きな瞳でじぃ〜〜〜っと見つめられ・・・ああ、こんな仕草もパパにそっくりだねぇ。はぁ、可愛い。タメイキでるほど綺麗。

でも、これ以上、くどいお顔にならなくていいからね、うぃちゅぱっ。
ママのように普段のお顔でも「怒っているんですか?」と聞かれてしまうようになっちゃうよ(笑)

アシュレイ

$FILE1
乳母は、こ〜んな表情が大好きです

$FILE2
美しいめめの色だね、アシュレイ

$FILE3
そろそろモデル業に飽きちゃった?

$FILE4
ボケちゃったけど、ママと一緒に

完全にニャキニャキ期に突入しているアシュレイです。
手足が長いせいか運動神経は抜群です。
違うか・・・猿血統です、六花の縞々ラインですから。
父のアンソニーもおとなしい子ですが、運動神経は抜群です。

アシュレイは性格が父に瓜二つ。
優し過ぎて、ブリっ子にまで遠慮してしまうので放っておけません。
アシュレイ、まだまだ、君もお子ちゃまなのだから遠慮は無しだよ。

オモチャを振っても我先に自分の物にしたいと突入するブリっ子たちと、自分の目の前にオモチャが来るまでじっと待っているアシュレイ。
あああ、乳母の王子様のパパとそっくり〜〜〜〜。
アシュレイも、パパのような深窓のお坊ちゃんのまま育っておくれ。

アンソニーの子は父に似て、とっても優しくておとなしいの。
まだ2頭しかいないけど、うぃちゅぱっもとっても優しい子なのよ。
ミニーのような我儘女王様育成計画に失敗したくらい、優しい子なの。

ミニー、早く母業を切り上げて我儘女王様に戻ってくれないかなぁ。乳母はちょっと淋しいです。みみーたん、お膝抱っこしようよ、こっちへおいで。

ジョーイ

$FILE1
じょおぉ〜いっと呼んだら見てくれた

$FILE2
むくたんです

ぼくちゃん、日増しにドライを食べる量が増えつつあります。お皿に寄って行きドライを齧ること数分、その後、キッチンへ向かいます。誰もいないと解ると部屋に戻って来て人を探します。
わざと視線を反らしていると足元にちょこんと座り、乳母の顔を見上げて「ピャー」
ふやかしマンマを出して欲しいと訴えます。キッチンへ向かうとちゃんと後をついて来るの。とっても可愛いです。

一昨日、ふいにジョーイの血統名には「ミラクル」を使いたいなと思いました。摩訶不思議ちゃんの血統名はミラクルボーイにしようかと思っています。
ぼくちゃん、ミステリアスって雰囲気ではないのよね(笑)

兄弟一の強気なぼくちゃん。
にゃん、にゃんと短く鳴いて、嬉しそうに襖に向かってジャンプしてました。あ、はじめてラグドールらしい鳴き方をした・・・誰?と振り返ったらジョーイで。
う〜〜ん、ただそれだけのことなのですが、彼の成長を感じて嬉しくなりました。

150センチのアスレチックの天辺から飛び降りようとするのでチャレンジャーです。まだ、その高さからのジャンプは嫌。
着地で顎を打つからやめなさーーーいと走り寄って抱き上げスリスリ。まだまだ過保護でも良いよね、ジョーイ。

ヴィック

$FILE1
兄弟一のふわふわ君です。

$FILE2
チェイスにそっくりな横顔

$FILE3
少しはヴィックらしく撮れたかも・・・

見学時に・・・揃いも揃って
ヴィック、実物の方が断然可愛い!らしきお言葉を頂きました。
だ〜か〜らぁあああ、そう書いてなかったっけ?(笑)
画像を撮る乳母の腕が悪いと。

チェイスとヴィックはとても良く似ていて、
実際、チェイスのママは、ヴィックをチェイスと間違えました。2頭並べて「はい、どっち?」と聞いたら、ぐふふ。

チェイスと違って、ヴィックは伏せ目がち。
睫パーマをかけたらパッチリなおめめになるかもしれない。

食欲が旺盛で、兄弟や成猫問わず、隣で食べている子の頭を押さえつけています。
たまに唸り声まで混ざっちゃって。余りに酷い時は、乳母が彼を摘み出します。いつまで続くのやら。
彼、左利きのようで、必ず左にいる子が被害に遭ってます。
ヴィックの左には、ちょっと気の強い成猫を置いて、教育的指導を仰ごうかしらん。
食事時以外は、兄弟の中ではおとなしいのですが、ドライを目の前にすると、、猫が・・・かーわーるーーー。
人には無害です(笑)
私の指は全く無視。良い子だニャ。

カカカ

$FILE1
$FILE2
$FILE3
$FILE4
カカカなハーディです。可愛いでしょう?
カメラを向けると「カカカ」
オモチャを振っても「カカカ」
ハ〜ディでも「カカカ」

マックスも100%お返事ニャンコで返事が「カカカ」
ハーディもお返事ニャンコの素質有りかも。
巣立つまでにまだ1ヶ月近くあります。
ハーディでお返事ニャンコ育成計画実行してみましょう♪

$FILE5
カカカじゃないハーディ。男っぽくなってきました。
骨太でしゅてき♪

土日はブリっ子の見学で、楽しい一時を過ごしました。
あれから、おチビさんたちの起動タイマーが少し長くなったような気がします。
アシュレイを含めて、抱っこ好き、喉ゴロゴロ、舐め舐め小ニャンズ6つ。忙しい毎日ですが、充実しています。

昨日、下の子の成人式を終え、私が産んだ二人(笑)の子育ては一つ段階を進み、嬉しいような、ほっとしたような、淋しいような色々な気持ちが複雑に混ざりあってます。
年齢は重ねたけれど、私自身がまだまだ子供なのに、子供達が成人しちゃってどうしよう?とか(苦笑)

ヤッター♪

$FILE1
$FILE2
キャハハ、とうとうやりました。
デカシタ、ぼくちゃん。ああ、らぶ。
画像は一昨日のものです。

どうです?食べているでしょ、ドライを〜〜〜。
噛んでいるので顔を上下して、ボケています。
声を出すと食べるのを止めてしまいそうで、心の中で叫びガッツポーズ。そぉ〜〜とデジカメを取りにいきました。
ジョーイの隣にいるのは、チェイスです。

ジョーイ、まだドライを5粒くらい食べると「ふやかしマンマ」と言いに来ますが、うふふ、うふふと笑いが止まりません。

$FILE3
大きい子はスウィーティ。私の永遠のお姫様です。
えーと、ブリージーの母の父の母の母(笑)
六花はスウィーティから始まっています。
10歳になりましたが、相変わらず愛らしく元気です。

問題2児

$FILE1
チェイスとジョーイ
目線でチェックできるように、シンクの脇で食べさせています。
良い子はこんな場所で食べちゃダメよ(苦笑)

$FILE2
ジョーイ、半々の割合で噛んで食べられるようになりました

$FILE3
チェイス・・・今日はこの方のことで・・・
舐めているだけなので食器からドライがこぼれます

食べている量が絶対に減ってる!と確信しまして、体重を測ってみました。おーまいがー。大晦日より30gも減ってるじゃん。

次にジョーイをキッチンスケールに乗せてみました。
ジョーイ、チビから並2に昇進しました。
違うか、チビ2から、チビ1へかな〜。

チェイスのお馬鹿さん!!
あれほど、頑張って食べなさいと言い続け、食器の前に繰り返し置いたのに!
甘えんぼなだけじゃダメなんだってば!と彼に説教したものの、膝の上で喉ごろごろ。親の心、子知らずね。トホホ。

何が気に入らないのかは解っているのです。
彼は、ジョーイと同じご飯が食べたがり、口の前に食べやすいように持ってきて欲しがっていることも解っています。
ドライの食器の前から膝に戻り、膝の上でそれはそれは甘い声で鳴きます。「食べさせてぇ。ジョーイと同じマンマを口に入れてぇ。若しくは、口の前に出してぇ」です。

言葉が通じたら
ご飯は自分で食べるのよ。ジョーイは食べられないの!と言えば・・・
じゃ、ぼくも食べられなくなれば良いんだねと言い返されそう。

ドライにお湯を入れてもダメ、ドライにa/d缶を混ぜるとドライを舐めるだけ。
離れないチェイスをスリングに入れて夕食用に鮭を焼いていたら反応したので、ツナ缶を開けてドライに混ぜて「はい、どうぞ!」・・・困惑した顔で見られました(苦笑)

はぁ〜〜〜、タメイキ、タメイキ、タメイキ。
ジョーイと同じご飯を作り、口の前に出すと自分で食べ始めます。食べ難いので、しばらくすると口に入れてと鳴き始めます。はぁ。

今、ぼくちゃんたちはアスレチックで遊んでいます。
どこも悪そうに見えません。
ドライの音に皆が集まる中、一人眠り続けていました。
チェイスは、もう1回食べさせないと。

食欲旺盛で、ちゅうちゅうが問題のジョーイ。
自分で食べられるのに少食なチェイス。

キッチンで鳴くのもジョーイとチェイス。
抱っこ、抱っこ、抱っこと鳴きながら足にしがみついて離れないのがチェイス。
ジョーイは、ご飯、ご飯、ご飯と鳴きながら足にしがみつく。
双方に向かって「ちょっと待ってね、待ってね、お願いだから待ってって言ってるでしょ。待ってってば!鳴かなくていいの。少しは待て!そんな悲壮な声で鳴くなー」と変化していく乳母。ギャハハ。

晩御飯まで、チェイスを抱きながら食べました。
膝の上でスヤスヤ眠っている君は良いかも知れないけど、乳母は食べた気がしないよ。しくしく。

1日の殆どを眠っている愛猫に、眠る時は膝の上と決められてしまうのは辛いです。愛猫を眠らせたいと思えば何も出来ません。
チェイスは眠る為に膝に乗る子です。ミニーと同じ。
これ、成猫相手だと辛いですよ。お尻が痺れますからね。

膝乗り猫をご希望されている方が多いですが、自分から膝に乗ってきて、撫ぜ撫ぜされたら、すぐに降りてくれる子の方が絶対に良い!と私は思います。

成長したら、お尻を押しても踏ん張って動かないのですよ。
降りたくない!と抗議の声まで発するようになるんですよ。
ブリっ子たちは、そうなる素質100%持ってます。

あ、ジョーイは持ってなさそう。
ご飯くれないなら、ぼく、膝に用は無いって感じになってきました。
助かるよ、ジョーイ(笑)

動けません

世界が広がりつつあるブリっ子たち。
膝に戻ってくる時間が少なくなってきました・・・が!
膝に飛び乗る、しがみ付いて登ってくるおチビ一つ。
それも乳母の腕を枕にして。おなまです。
お正月は、ずーーっと彼を交代で膝に乗せ・・・
そして、今も膝の上で眠ってます。どうしてくれようか。

膝から降ろして他の場所へ移動させると鳴きながら戻ってきます。
何も出来ないんですけど、チェイス!
乳母、そろそろ掃除&炊事に取り掛かりたいのですが。

では、撮りたてチェイスを。
今も膝の上に彼を置いたまま入力してます。

$FILE1
乳母の肉付きがいいのか?

$FILE2
トロトロしてます

$FILE3
舐めてあげると言うお嬢様の顔を蹴り蹴りしているハーディ。
そんなにみみーの顔を蹴っ飛ばさなくても良いでしょ?
みみー、ハーディを押し潰して動きを封じてあげなさい。

今、ミニーのスィッチが入り、子猫たちと一緒に走り回っています。楽しそうです。
ミニーが先頭を切って逃げてあげてる中、チェイス以外のおチビさんらが一斉にミニーを追いかけています。

チェイス・・・君も走れ。
返事は、喉、ごろごろごろごろ。乳母を見上げウットリしてます。
チェイスはスリングに入れて家事に突入します。

ベット

みなさん、お正月はどう過ごされていますか?
我家は、何も変わりません。

毎年2日と3日は、箱根駅伝の撮影ヘリコプターの音を聞きながら、テレビ画面を眺め、そろそろ家の前だと思うと玄関のドアを開けて道路を見る。

応援の方が道路に身を乗り出して旗を振りながら、トップランナーを歓声で迎えます。昨日は雨も降っていて、ランナーも応援の方も寒さに負けず偉い!とエールを送りつつ、乳母は早々に部屋に戻ります。

$FILE1
ヴィックに授乳中のミニー。乳母のお嬢様になんてことするの!

$FILE2
お嬢様が窒息しないかとヴィックをどけてみました(笑)

$FILE3
ヴィックが眠ったので、ミニーを早々に引き離し・・・

$FILE4
お嬢様〜〜、ごゆっくりお寛ぎくださいと大きなベットに寝かせました。

少しずつ、お嬢様が私の金魚の糞な我儘お嬢様に戻りつつあります。
産後は他の部屋へ誘っても、アシュレイを置いていけないとバックして拒否されていました。
おかあさんのみみ〜〜〜。
こんなに愛しているのに!裏切りもの〜〜。きぃーーーっとなりましたが、ミニーに「おかあさん」と呼ばれるのが日増しに増えて嬉しいです。

私以外に抱っこされると、私を見て悲鳴をあげます。すぐに助け出さないと怒り出します。私が抱けばウットリ喉ゴロゴロ。
それが、私の母性をくすぐり続ける永遠のお嬢様です。
みみーたん、ずーーーっとわがままで良いからね。

よろしくお願いします

明けましておめでとうございます。
昨年に引き続き、宜しくお願いいたします。

$FILE1
見学の前に、要注意なビビアンをアップしておかないと。
デコごっつん娘です。乳母を母だと思っているので、「ビビちゃん、ご〜んごん」と言うと、私の地肌に鼻をくつけて赤ちゃんモードに突入する甘えん坊です。膝乗り娘でもあります。
ちゃんと私の上着を自分で捲って、地肌にヒンヤリした鼻をピタッとくつけるの。冬はウヒャとなります(笑)

ビビちゃん、母のスターシャのブレイズがハート型になって鼻の下に来ました。
なんて、、真っ赤な嘘です。
ビビアンの白は、父のオースターの白なので、それは有り得ません。

真ん丸な瞳が愛らしいお嬢様ですが、猿です。ハイになると唸りながら駆け回ります。
ビビちゃん、そろそろ唸りながら走り回るのは止めようよ。もう、そんなお年頃ではないと思うんだよ。

学習能力のない乳母は、今、例年通り年賀状の印刷が終わりました(苦笑)
現在2時50分・・・皆の目がランランしてます。
ブリっ子達も走り回っています。そろそろ寝て欲しい。